ラジオヤジの日記 音楽制作

もう一回「弾き語り」を

今回、YouTubeに復帰しようって考えたキッカケは、(実は以前はあまり見なかった)YouTubeを見るようになったら「YouTubeが面白くてたまらなかった」というのが、一番大きな理由なんだけど、理由がまだあって。
それは、やっぱり音楽なんだよね。

僕は洋楽を聴くというか、ほとんど洋楽しか聴かないんだけど、聴きながら思ったのは、「自分の歌を、歌ってもいいじゃないか」ということ。
つまり、以前は、「自分の歌は楽曲としてレベルが低いからなー」という劣等感があって、なんだか歌うのに気が引けてたんだけど、洋楽をたくさん聴いてると、そりゃあもう、世界中にはいろんな音楽があって、それぞれが全部「成立している」ということが、わかるわけ。
で、自分の歌も、これはこれで「成立」するんじゃないかと思い始めたし、作るのをやめないで、作り続ければ、また違う、面白い音楽が出てくる可能性もある、と考えたわけ。
まあ、要するに「自分の作った歌を歌いたい」と思ったってことです。はい。

それに、やっぱり、せっかく音楽をやってきたんだから、耳が聞こえるうちに、なんとかしっかり録音として仕上げたいとも思ってるんだよね。
これは、ホント、生きているうちにできるかどうか、わからないんだけど。
今も、こうして文章を書きながら、僕の耳には、かなりうるさい「セミの声」が聞こえています。要するに「耳鳴り」ですね。セミなんていませんから。
そして、その「耳鳴り」の音量の分、聴力が衰えていて、もう小さな音は聞こえないのです。時計のカチコチ音とか、ほぼ聞こえない。

ただ、ありがたいことに、まだトータルで、ちゃんと音は聞こえるし、昔聴いた楽曲を今聴いても、ほぼ同じように聞こえるわけ。
つまり、全体の聴力は衰えているけど、どこかの周波数帯が著しく聞こえづらくなっていて、聴いた音楽が音楽に聞こえないということはない。
今ならまだ、音楽制作ができる、ってことです。

しかし、この聴力も、いつまでもつのかは、わからないから、もう「カウントダウン状態」なんだよね。
でも、カウントダウン状態だからこそ、できる、ということもあるわけです。
つまり、昔は、「いつかやればいい」と思っていたんだけど、もう今となったら「今やるしかない」ってことになるわけで。(笑)
どこまでできるのかは、わからないけど、1曲でも2曲でも、満足のいくレベルにオリジナル曲を仕上げられたらなー、と思っています。

そんな僕が、今、力を入れたいと思っているのが「弾き語り」。
やっぱりなんといっても一番自由になる楽器であるギターと、大好きな歌を同時に奏でることができるのは「すごいこと」だし、やっぱりYouTubeで、いろんな人の演奏を聴くと、弾き語りの持っている「すごい力」を再認識するわけですね。
で、最近、また歌いはじめたんだけど、歌ってみると「歌えるよろこび」を強く強く感じるわけです。
そんなよろこびを感じながら、僕はまた、ライブで歌いたいのです。弾き語りをやりたいのです。

-ラジオヤジの日記, 音楽制作

Copyright© ラジオヤジのサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.